アメリカ入国のためのESTA(エスタ)スピード登録申請代行

よくあるご質問

esta_america

よくあるご質問

明日出国なのですが、今からでも大丈夫ですか。

大丈夫です。出国直前まで可能です。
お急ぎの場合はクレジット決済をお願いします。

申請代行をお願いしたいのですが、どこのページから入力したらいいですか

http://www.americaesta.com/1p_esta_form.html
こちらのページの入力フォームからお願いします。

申請番号を通知するメールが届きません

エスタのホームページで登録内容を確認することができます。詳細はこちら。申請番号とお名前、生年月日、パスポートナンバーを入れると確認できます。

エスタ申請代行を申し込んだあとのキャンセルはできますか?

エスタ申請代行の申し込みをしたあとのキャンセルは出来かねます。銀行振込またはクレジット決済を完了したあとのキャンセル返金などは一切できませんので予めご了承ください。

 

エスタはどのタイミングで登録が必要ですか?

ESTAは米国を旅行する前にいつでも申請することができます。アメリカの政府は旅行する前の72時間内に、申請書を提出することを勧めています。

エスタの有効期限はどのくらいですか?

ESTAの有効期限は、承認された日から2年、または申請者のパスポートの有効期間となります。ESTAを申請すれば、電子渡航の有効期間も表示されます。

ビザ免除プログラムを利用して米国に渡航する際のパスポートの条件は何ですか?

ビザ免除プログラムを利用しての渡航は特定のセキュリティ要素があるパスポートを所持する渡航者に限定されています。全てのビザ免除プログラム渡航者は機械読取式パスポートを所持していなければなりません。またパスポートが発行された時期によって条件が異なります:
チェコ共和国、エストニア、ハンガリー、韓国、ラトビア、リトアニア、マルタ、スロバキア国籍を持つ市民のパスポートはe-passportでなければならない
http://travel.state.gov/visa/temp/without/without_1990.html#epassport
ビザ免除プログラム参加国の国籍を持つ市民:

  • 機械読取式パスポートで2006年10月26日以降に発行または更新された場合は、パスポートはe-passportでなければならない。
  • 機械読取式パスポートで2005年10月26日から2006年10月26日の期間に発行または更新された場合は、パスポートに添付された写真がデジタル写真であるかe-passportでなければならない。
  • 機械読取式パスポートで2005年10月26日以前に発行された場合は、追加必須事項はありません。

I-94W出入国記録カードの記入はまだ必要ですか?

ESTAプログラムの実施により、DHSは、ビザ免除プログラムの渡航者が、米国への入国前に、I-94Wに記入する必要を無くすことができました。
CBPは、渡航認証を取得し、飛行機または船で到着するビザ免除プログラムの渡航者に対し、ペーパーレス処理へ移行しました。
大部分の航空・船会社は、現在では、渡航者の搭乗状況の一環として、渡航者のESTAの状況に関するメッセージを受け取り、確認することができます。
渡航認証を承認されたビザ免除プログラムに基づき米国に入国する渡航者は、パスポートにグリーンのI-94W出発クーポンは発行されません。

エスタの申請は自分でも取得することができますか?

はいできます。ご自身で登録する方は、米国国土安全保障省(DHS)の公式サイトを利用すると、14ドルで申請できます。申請書作成の際、パスポート情報及び質問に間違いがありましたらESTA承認保留及びESTA承認拒否になる可能性がありますので、ご注意下さい。

電子渡航認証システムとは何ですか?

電子渡航認証システムとはビザ免除プログラムを利用し、米国への渡航者の適格性を判定
し、その渡航が危険なものでなく安全である事を確認するための自動化システムです。エスタ申請が終了した時点で、ビザ免除プログラム渡航者は同プログラムを利用して米国に渡航する適格性が判定されます。

どうしてビザ免除プログラムを利用して米国に渡航する際にエスタ認証が必要なのですか?

9.11委員会勧告実施法2007による移民及び国籍法217項の改正により、米国国土安全保障省はビザ免除プログラムのセキュリティ強化のため電子渡航認証システムとその他の対策を実施する事を決定しました。エスタはセキュリティを強化し、国土安全保障省にビザ免除プログラムを利用して米国への渡航者の適格性と安全性の渡航前判定を可能にします。

エスタはビザですか?


いいえ。認証を受けたエスタはビザではありません。ビザは米国法の下必須であり、エスタは米国ビザの代わりの役割を果たすための法的または規則的条件を満たしません。有効なビザを所持する個人渡航者はそのビザの目的に準じた米国への渡航が可能です。有効なビザを所持する個人旅行者はエスタ申請の必要はありません。

エスタはどの法律で規定されていますか?

エスタは9.11委員会勧告実施法2007の711項改定に伴い、移民及び国籍法217項に沿って規定されています。この法律によって国土安全保障省はセキュリティを強化し、ビザ免除プログラムを利用して米国への渡航者の適格性と安全性を渡航前に判定するシステムを開発し、施行しています。

エスタはどのくらいビザ免除プログラムのセキュリティリスクを軽減しますか?

エスタによって国土安全保障省はセキュリティを強化し、ビザ免除プログラムを利用して米国への渡航者の適格性と安全性を米国行きの航空機搭乗前に判定する事によってセキュリティリスクを軽減します。エスタは事前セキュリティを強化する事によってビザなし渡航の脆弱性を補い、現場の国土安全保障省職員が危険性のある少数の渡航者に照準を定める事を可能にします。

同様のシステムを施行している国はありますか?

オーストラリア政府が電子入国許可システムと呼ばれるエスタと同様のシステムを施行しています。電子入国許可システムは旅行者がオーストラリアへの渡航前に、電子入国許可システムウェブサイトから電子申請をする事が出来るエスタと同様のシステムです。
エスタとデータのプライバシーについて

米国政府はエスタデータのプライバシーをどのように管理し、また誰がそのデータにアクセス出来ますか?

エスタウェブサイトを通して申請者から提出された情報は、同様の渡航者審査プログラムのために開発された同一の厳格なプライバシー条項の管理下にあります。それらの情報へのアクセスはその情報を必要とする専門家に限定されています。 このウェブサイトは米国政府によって運営され、入力、閲覧される情報への非合法なアクセスを防止する技術を適用しています。情報は連邦情報セキュリティマネジメント法とその他の米国法によって保護管理されています。

エスタ申請データはどのぐらいの期間保管されますか?

エスタ申請データはエスタが有効な期間である認証後2年間あるいはパスポートの期限が切れるまで保管されます。国土安全保障省はこの情報を数年間保管し、その後12年間、法執行機関、国家安全保障、捜査目的の情報収集のために保管されます。一度情報が保管されると、その情報にアクセスが出来る職員は更に限定されます。この保管体制は米国議会によってCBPに義務付けられている国境捜査権限と国境安全活動に一貫しています。法執行警戒者リストデータ、法執行関連活動においてのCBPによる照合、そして/またはエスタ申請拒否を含む捜査、あるいは事例は法執行関連活動のために保管されます。
エスタとデータのプライバシーについて

米国政府はエスタデータのプライバシーをどのように管理し、また誰がそのデータにアクセス出来ますか?

エスタウェブサイトを通して申請者から提出された情報は、同様の渡航者審査プログラムのために開発された同一の厳格なプライバシー条項の管理下にあります。それらの情報へのアクセスはその情報を必要とする専門家に限定されています。 このウェブサイトは米国政府によって運営され、入力、閲覧される情報への非合法なアクセスを防止する技術を適用しています。情報は連邦情報セキュリティマネジメント法とその他の米国法によって保護管理されています。

エスタ申請データはどのぐらいの期間保管されますか?

エスタ申請データはエスタが有効な期間である認証後2年間あるいはパスポートの期限が切れるまで保管されます。国土安全保障省はこの情報を数年間保管し、その後12年間、法執行機関、国家安全保障、捜査目的の情報収集のために保管されます。一度情報が保管されると、その情報にアクセスが出来る職員は更に限定されます。この保管体制は米国議会によってCBPに義務付けられている国境捜査権限と国境安全活動に一貫しています。法執行警戒者リストデータ、法執行関連活動においてのCBPによる照合、そして/またはエスタ申請拒否を含む捜査、あるいは事例は法執行関国土安全保障省は申請データをエスタの適格性を判定する以外の目的で使用しますか?
国土安全保障省は渡航者にビザ免除プログラムを利用して米国に渡航する認証を与える前に申請者の申請データを審査します。この審査プロセスの一部として疑いのある、または法違反を犯したり、問題のある人物の情報は適切な法執行機関、国家安全保障、そして/また対テロ機関に提供されます。
エスタ申請は誰が必要ですか?

エスタ申請は誰が必要ですか?

ビザ免除プログラムを利用して米国に短期商用または観光旅行する予定の同プログラム参加国の国民または市民は、航空機あるいは船舶での米国への渡航前にエスタ認証が必要です。同伴を有する、同伴を有しない子供達も、年齢に関わらず個別のエスタ認証を受ける必要があります。ビザ免除プログラム渡航者本人の代わりに、親戚あるいは旅行代理店などの第三者がエスタ代理申請を行う事が出来ます。

ビザ免除プログラム参加国の国民あるいは市民が米国を経由し第三国に渡航する場合、エスタは必要ですか?

はい、ビザ免除プログラム参加国の国民または市民が米国を経由する際にはエスタあるいはビザが必要になります。もし、旅行者が米国を経由し第三国に渡航予定ならば、エスタ申請を作成する際に“Address While In The United States”(米国滞在中の住所)の住所記入欄のところに"In Transit"(経由)と最終目的地を入力して下さい。 5連活動のために保管されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 料金表 ESTAとは お問い合わせ お申込み