アメリカ入国のためのESTA(エスタ)スピード登録申請代行

ESTA(エスタ)とは?

esta_america

米国電子渡航認証システム ESTA(エスタ)とは?

esta(エスタ)とは?

ESTAとは、正式名称を電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:読み方はエスタ)と言い、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日からビザを取得せずに入国する全ての外国人に対してESTAの事前申請が義務化されました。

 

アメリカへの入国目的が短期商用・観光等で、滞在希望日数が90日以内の場合(乗り継ぎ含め)、米国大使館での査証(ビザ)取得は免除されますが、搭乗前にオンラインシステムを利用して渡航認証を受ける必要があり、この渡航認証システムがESTAです。(事前にビザを取得し渡航する方はESTA申請は不要です)

 

当初、ESTAの申請は無料でしたが、2010年9月8日以降の申請については1人14USドルの支払いが必要です。支払い方法はオンラインでのクレジット決済のみとなり、利用できるカードの種類はMasterCard、 VISA、American Express及びDiscover(JCBを含む)です。

 

ESTAの申請が完了しますと渡航認証許可、保留、却下のいずれかのステータスが与えられます。許可された場合の有効期限は2年間又はパスポートの有効満了日のいずれか短い方となります。もし万が一、ESTAの申請が拒否された場合には米国大使館にてビザを取得しなければ米国への渡航はできませんのでご注意下さい。その他、詳しい情報については、米国国土安全保障省サイト(英語)や、米国大使館サイト(日本語)を御参照ください。

 

なお、アメリカのビザに関する質問を米国大使館・領事館へ行う場合には費用がかかります。

 

米国大使館
http://japanese.japan.usembassy.gov/

 

ESTA申請後の結果は?

 

esta(エスタ)とは?却下

ESTAの申請が終了すると「許可」または「保留」、「却下」の回答がサイト上に表示されます。即時に完了したことになりますので、表示画面をプリントすれば完了です。保留の場合は72日時間以内に、確認することで最終的な結果を得ることができます。

多くの場合は、終了する前に画面を終了させてしまうため、改めて確認する必要が生じてしまいます。ESTAの確認には申請番号、生年月日、パスポート番号を入力することが必要となります。ESTAの申請確認はこちら。そのため、途中で画面を閉じることなく完了まで確認することをおすすめします。

 

最後に「拒否」になった場合は、大使館で申請を行うか、申請ミスがあった場合には国土保証省へエスタの申請内容の修正依頼をする必要があります。

 

 

ESTAの渡航認証許可証の印刷は特に必要ありません

 

ESTA(エスタ)の申請が完了すると、画面上に「渡航認証許可」と表示されます。この画面に印刷のボタンがありますので、こちらでページを印刷することができます。この証明証は渡米の際に提出したり確認されたりすることはありません。そのため印刷の必要な特にありません。しかしながら、この証明証はESTA(エスタ)の申請番号や有効期限が記載されておりますので、今後の内容変更や有効期限を確認する際には便利ですので念のため保存していただくことをおすすめします。

 

 

ESTAの申請画面は2つに分離

 

ESTA(エスタ)の申請後にステータスを確認する方法がわからないとの問い合わせが増えております。ESTA(エスタ)の申請画面は左右の二つに分かれております。左側が申請用で、右側が更新やエスタの登録状況などを確認するページとなっております。。更新や状況確認をする場合には「ESTA申請番号、生年月日、パスポート番号」の3つがあれば更新、確認画面に進むことができます。なお、ここでいう更新とは、ESTA(エスタ)の有効期限が切れた時に申請し直すためのESTAそのものの更新ではありません。有効期限内に申請している情報を変更することを指します。

 

esta(エスタ)とは?

 

 

ESTAの申請は72時間前じゃないとダメですか?

 

米国大使館のサイトでは、ESTAは出発の72時間前までに申請することと案内されています。、申請後の結果で「保留になった場合にも72時間前まで」というような案内があります。これを見て勘違いされている方がいるようなのですが、ESTAの申請は原則として搭乗前までに完了(許可)されていれば渡航が可能です。従って72時間をきっていたとしても申請は可能ですし、渡航に支障をきたすことはありません。また、申請後に【保留】となるケースも多いのですが、多くの場合、改めて状況確認すれば「許可」されていることが殆どです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 料金表 ESTAとは お問い合わせ お申込み