アメリカ入国のためのESTA(エスタ)スピード登録申請代行

忘れると搭乗できません!

esta_america

忘れると搭乗できません! 客室乗務員ら「ESTA」をPR 成田空港

ビザなしで短期滞在で米国に入国する際、事前にインターネットで申請して承認を受ける「電子渡航認証システム(ESTA)」が来年1月12日から導入され、申請が義務化されるのを前に、日本航空や全日空の客室乗務員らが18日、成田空港を利用する旅行客らにリーフレットを配り、新制度をPRした。

 

ESTAの対象はビザなしの90日以内の短期滞在者。専用のインターネットのサイトに住所、名前、逮捕歴の有無などを記して申請し、問題がないと判断されれば承認されるシステムだ。平成13年9月の米中枢同時多発テロを受けて制定された米国法に基づき導入される。米当局は渡航の72時間前までの申請を推奨している。

 

外務省などがホームページで紹介しているものの、現状では大半の旅行者が新制度を知らず、「周知不足だ」として、国内航空会社でつくる「定期航空協会」がPR活動に乗り出した。
定期航空協会によると、出発直前の申請では搭乗が認められないケースが生じる可能性もあるという。

 

エスタ出国

 

2009年1月12日より米国への旅行者に「電子渡航認証」の取得義務付けへ

 

2009年1月12日以降、ビザ免除プログラムを利用して米国へ渡航する人は、搭乗、又は乗船する前に「電子渡航認証」(ESTA)の取得が義務付けられます。

 

 これは、短期商用・観光(90日以下)の目的で米国へ渡航するビザを所有しない全ての渡航者を対象としており、航空券が発行なされていない幼児も含まれます。

 

 それに該当する渡航者は、出発前までに「電子渡航認証システム」(ESTA)のホームページから申請をし、渡航認証承認を受ける事になります。渡航認証は、米国政府より取り消されない限り、承認された日から2年間、又は渡航者のパスポートの有効期限のいずれか早い方の日まで有効となっています。

 

 前もって渡航認証を受けていない場合、搭乗、又は乗船を拒否されたり、手続が遅れたり、米国の入国地で入国を拒否される事があります。

 

 尚、渡航認証はほとんどの場合、申請から数秒で回答を受け取る事が出来ますが、米国の国土安全保障省(DHS)では、遅くとも出発の72時間前には申請しておく様、呼びかけています。

 

 詳細はCBP(U.S. Customs and Border Protection:米国税関・国境警備局)のサイト(英語)又は、米国大使館からのリリースURL(日本語)にてご確認下さい。

 

 又、オアフ観光局ウェブページ内「入国と出国について」にも情報が掲載されています。

 

http://www.visit-oahu.jp/travel/immigration.php(日本語)

 

※電子渡航認証システムの申請
 ESTAウェブサイト
https://esta.cbp.dhs.gov/(英語、日本語他、各種言語あり)

 

 

情報提供:オアフ観光局、日本海外ツアーオペレーター協会


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 料金表 ESTAとは お問い合わせ お申込み